新着
 6月8日(土)に、バドミントン部と卓球部の仙南支部大会が行われました。前日7日に行われた壮行式では、出場選手の紹介と大会への抱負を述べた生徒たち。キリリと緊張した表情を見せつつも、仲間の応援を力に変えて全力で戦いました。 結果は以下の通り。 <卓球部> 男子個人戦1位 1年 佐藤零弥(白石東中学校出身)            2位 2年 越野裕貴(白石中学校出身)            3位 3年 青山快晴(船迫中学校出身)       女子個人戦2位 2年 我妻華(白石中学校出身)            3位 2年 齋藤舞(白石中学校出身) <バドミントン部> 個人戦一部リーグ(男子) 1位 山田稔(仙台市立館中学校出身)                          3位 押野泰士(金ヶ瀬中学校出身)           個人戦二部リーグ(男女)   1位 大友翔生(白石南中学校出身)                          2位  日下健瑠(福岡中学校出身) 卓球部とバドミントン部の県大会は15日(土)に、陸上部の県大会は22日(土)に行われます。全国大会に出場できるよう 戦いぬきます。  
 5月15日(水)には楽天生命パークで楽天―ソフトバンク戦を観戦しました。七ヶ宿校の 座席のあるライト側外野席は他の高校や専門学校生等でギッシリ。当日は約1万人の来場 者があり、試合前に昼食を購入するのにも、人・人・人の長蛇の列。何十分も並んで購入 した昼食はおいしさもひとしお。友達との会話も弾みました。そしていよいよ試合が開 始。幸先がよかったのは楽天でしたが、後半にソフトバンクに逆転されてしまいました。  試合が進むにつれ、応援の仕方にも慣れて一生懸命応援した生徒たち。楽天は負けてしま いましたが、スタンドでの一体感を味わうことができました。「来年の楽天観戦が今から 楽しみです。」という声も聞かれました。充実した一日でした。               
5月1日に、全校生徒が「七ヶ宿町の歴史探訪ツアー~水源の町の歴史と文化財~」に出かけました。今年は「水」にフォーカスし、水と歴史の館 元館長の高橋正雄様のお話をうかがいながら、まず訪れたのは白石川の源流「鏡清水」。人がまたいで通れるくらいの小さな湧き水が下流に行くにしたがい水量が増えていきます。江戸時代の参勤交代の一行が、鏡清水の清らかな水で喉を潤したお話を聞き、歴史に胸をはせた生徒たち。興味深いお話に歩みもどんどん進みました。滑津大滝では、その圧倒的な水量と迫力にびっくりしたものの、いつしか心が落ち着いてきたことに気づきました。     <白石川の源流は鏡清水にあり>        <名瀑 滑津大滝まであと5秒>  午後からは七ヶ宿ダムで、湖底に沈んだ3つの宿場の歴史や治水・利水・発電等について学びました。遠くは松島町まで七ヶ宿ダムの水が利用されており、七ヶ宿の豊かで清らかな水が私たちの生活と密接に結びついていることを認識しました。探査路を通るときにはヘルメットを着用し、イルミネーションの下を通るとちょっぴり探検気分に。ドキドキわくわくする瞬間もあり、知的好奇心が揺さぶられる一日で...